お宝が眠っているかも
本を抱えている男性

とりあえず査定してもらう

「古書」の価値は本の単純なキレイさだけでは決まらないところがあります。「こんな汚い本なんか持っていっても二束三文なのでは……」と心配する前に、まずは買取り査定をしてもらいましょう。

重なっている古書

本の収集家だった人が亡くなった……悲しみもひと段落して、書斎が埋もれるほど大量の蔵書を整理することにした。
すると、古ぼけてはいるけれど価値がありそうな本がたくさん出てきた!

そういうこともあると思います。
そんなとき、古新聞などとまとめてゴミに出す……のはちょっともったいない話です。
古い本の中には、もう書店には置いていないし、出版社も今やなくなっている、もしかしたらこの1冊しか世の中には残っていないかもしれない……という貴重なものが含まれている可能性があります。
そのような本はゴミにしてしまえば燃やすだけですが、見る人が見れば素晴らしい価値を持つ宝物になる可能性が大なのです。
というわけで、「見る人」のところに持っていって買取りをしてもらいましょう!その人は、古書店にいます。古い本、しかも単に古いだけでなく価値を持つ古書を扱っている古書店でなら高い値段をつけて買取りをしてもらえる可能性があります。
「でも近所の買取りサービスがある古書店といえば全国チェーンのやつしかないんですが……」そんな人もいると思いますが安心して大丈夫です。
遠方の人や古書の量が多すぎてお店まで持っていくのが大変だという人のために、さまざまな方法で買取りサービスを行っている古書店があります。
価値がありそうな本、そのさまざまな方法できちんと引き取ってもらうことができるのです。
どのような方法があるのか、ここでチェックしてみましょう!

PCをしている男性

宅配買取りの方法

古書店の中には、宅配買取りのサービスをしているところがあります。「家の近くにお店がないので持っていけない」というときでも宅配便を利用して送るとしっかり査定をしてもらえます。

2冊の古書

出張買取りの方法

査定してもらいたい古書が大量にある、という場合は出張買取りのサービスを利用するのもひとつの手段です。古書店のほうから出向いてきてくれて、何冊でも査定してもらうことができます。

ページがハート型になっている古書

「価値がありそうな昔の本、古書店の買取りサービスで処分しよう」の記事一覧です。